マイホーム購入の時期を間違えると大変な事に

憧れのマイホームの購入・・・

夢見る方も多いのですが、持ち家を持つという事は

  • 引っ越しがしにくくなる
  • 単身赴任など、家族帯同で転勤が出来ない
  • 一生借金(住宅ローン)返済のために仕事をする。

といったリスクを抱える事になります。

 

また、住宅ローンを組む際にも、組むタイミングを間違えてしまうと、借金返済がままならず、大きな負担を背負う事もありますので、要注意です。

ここでは、マイホーム購入時期と借金の関連性について、管理人の思うところを述べていこうと思います。

 

マイホーム購入に向かない時期

マイホームを持つ事に向かない時期ですが、個人的に考えるのは「コミュニティーが出来てしまう前」の購入はお薦めできないと思っています。

コミュニティーというのは、例えばサークルだったり大人の事情もありますが、一番は「子供の学校」です。

小学校、中学校のお子さんがいると、なかなか新しい学校へ移るという事は出来ませんから、コミュニティーも自然と出来上がってしまいますし、マイホーム購入も必要になってくるかと思いますが、子供の学校がなければ、例えば急な転勤という事になっても単身赴任をする事もなければ、自宅を賃貸に出すという事にもなりませんので、自由度が変わってくると思います。

 

マイホーム購入に向いている時期

逆に、マイホーム購入に向いている時期というのは、「コミュニティーが形成されている時」です。

ママ友だったり、子供の学校があったり、なかなか転居する事情が考えにくい時には、マイホーム購入をしていると、地域との繋がりを考えれば家族の安全にも繋がると思うのでありだと思います。

 

マイホーム購入が借金苦になる事も??

では、マイホーム購入で問題になるのは何??

という事で考えてみたいのですが、まず問題になるのは「突発的な事情が起きた時」に対処ができない場合では無いでしょうか。

 

ここでいう突発的な事情というのは、

  • 欠勤(病欠、怪我、うつなどの精神的疾患)
  • 会社の倒産
  • リストラ
  • 給料を下げられる
  • ボーナスの支給をされない
  • 外的要因(景気の悪化、不景気の煽りを受けるなど)

などですが、今まで当たり前に返済原資をあてがう事が出来る状況だったのが、失業やリストラなどにあうと、返済する原資すら手に入れる事が出来ません。

 

マイホーム購入の時期を誤ると、賃貸とは違って、急に生活のやりくりするのは大変です。

また、大きく節約する事も出来ませんので、マイホーム購入が結果的に大きな命取りになる可能性もあります。

 

この借金苦からの脱出ブログは、現時点で借金苦でない方にも同じような状況にならないためにどうすれば良いか?

をしっかりと考えてもらえるようにと考え、情報発信をしています。

 

一番は借金苦で現時点で苦しんでいる方を対象とした脱出情報をお届けする事ですが、これからもどんどんお役に立てる情報発信を心がけていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510