借金苦に陥らないように、転職の際には当面の生活費も考えよう

転職して当面は収入も不安定になる事もありますし、自分自身も慣れない環境に身を置いて仕事をする、家族も不安を感じる・・

様々なストレスにさらされる事が予想されます。

そんな中で、借金があり、借金返済の事も考えなくてはならないとなると、とても大変ですので、借金苦に陥らないようにするにはどうすれば良いか?について書いてみました。

 

転職な失業時は、先回りで相談しておく

もし借金がある場合で失業や転職する事になるという場合は、先に消費者金融などの債権者に相談しておき、当面の生活に不安がある事を伝えておくのも良いかもしれません。

金融業者によっては、親身になって相談に乗ってくれて、利息をカットしてくれたり、借金返済の期日を延長してくれる事もあります。

 

まずは、話をしてみないと分からないですが、このように相談ができれば、急な事態が起きても慌てる事もないかと思いますので、無駄だと思わず相談をしてみましょう。

 

相談しても解決しないくらいの借金苦の場合はどうする?

各金融業者と相談してみても折り合いが付かない、借金が苦しくて返済する資金も目処が立たない・・という状態の場合は、無理に借金返済を進めるのでなく、別の方法を検討するのも良いでしょう。

例えば、その一つとしては「債務整理」を検討してみるのも良いかと思います。

 

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停がありますが、中でも任意整理は比較的問題解決までの時間がスピーディーですし、和解できれば借金返済がスムーズに進みます。

まずは、任意整理から検討し、それでも返済が難しい場合は民事再生や自己破産を検討するのも良いかと思います。

 

いきなり、自己破産を検討するのは、あまり好ましくないです。

理由としては、「自己破産を一度すると、以降7年間は自己破産をする事が出来ない」からです。

任意整理しても、借金返済が進まないとか、とても今のままでは返済するのは無理というような事情がない限り、自己破産はあくまで最終的な手段と捉えておいた方が良いと個人的には思います。

 

いずれにしても、ここで言いたいのは、

解決しない問題は無い

という事です、しっかりと金融業者と話し合う、もしくは話し合う状態になければ債務整理に頼るという事もありですので、是非早期解決に向けて活かして頂ければと思います。

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510