借金苦 生活保護は受けられないの?

借金で苦しい状態の時、生活保護を使えるかどうか?は、当面の生活を立て直すのに、一つの手段として考えられる方法です。

生活保護は国のセーフティーネットとして、厚生労働省が窓口となっていますが、生活保護は「困窮に至った理由は問いません」と明言しており、誰しもが受けられるもの?

と思われがちですが、実際の収入や支出などの調査を行い、本当に生活保護をする必要があるかどうかをチェックする事になります。

 

では、その中で借金苦で苦しんでいるという事が分かった場合は、借金が原因で生活保護ができないと断るのでしょうか??

結論としては、「それだけの原因で生活保護を受けられないという事はない」となり、借金があっても生活保護が受けられます。

 

ただし、借金返済のために生活保護のお金が使われる事は、税金の無駄遣いですし、本来の生活保護の目的から外れる事になりますので、まずは借金問題から解決する事をアドバイスする事も多いようです。

多くの場合は、債務整理をして借金問題のカタをつけてから、本格的に生活保護の申請を行い、受給をするという事になるという事です。

 

借金返済を目的に生活保護受給はできるの??

しかし、任意整理で借金が残ったりする場合、少なからずとも借金返済のために生活保護で受給した分が回される可能性があります。

もし、借金返済をしている事が判明した場合ですが、法律で明記はされておらず、罰則もありませんので、不正受給にはあたりません。

とは言え、生活保護費で借金返済してはいけない事は、「生活保護精度に関するQ&A」の住宅ローンの支払に充てられないという部分と照らし合わせて、妥当でないと思います。

 

生活保護中に借金をすると罰則はあるの?

無事生活保護を受けられても、その後も定期的に受給状況についてチェックをされますが、個人の借金を信用情報に照会して確認するような事はしません。

「そのため、新たな借金をしてもバレないな・・・」

と思われがちですが、生活保護受給中に新たに借金をしている事がバレると、受給廃止もしくは停止となる可能性があります。

 

また、受給廃止や停止になった上で、借金が増えているわけですから、一気に生活が苦しくなるのは明白ですし、絶対にしてはいけない事です。

以上、借金苦でも生活保護は受けられるが、くれぐれも借金を繰り返し、生活の改善が見込めない状態にならないように注意して下さいね。

 

【参考】 不正受給の罰則規定

  1. 過失による不正受給 厳重注意や不正受給分を返納
  2. 故意による不正受給 保護廃止の可能性、不正受給の140%を返納
  3. 悪質な故意による不正受給 保護廃止、不正受給の140%を返納、場合によっては詐欺罪で実刑も

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510