貧乏で借金苦、生活が苦しくなる前に債務整理を検討しませんか?

貧乏で生活が苦しい・・・

そんな借金苦で悩んでいる場合、債務整理を検討するのは良い事なのでしょうか?

ここでは、生活が苦しくなる前に債務整理をするメリットについて書いてみましたので、参考にして頂ければと思います。

 

貧乏で借金苦、少しでもしんどいなら債務整理を検討

先ほどにも書いた通り、借金苦で苦しんでいる場合に、債務整理をする事はどうなのか?という事ですが、結論としては借金の状況によりますが、「リセットするには最適な手続き」だと管理人は感じます。

 

借金があるという状態は、精神的にも肉体的にも、とても苦痛が多く大変な状態です。

特に精神的にまいっている状態の際には、自分の事を卑下したり、気分が鬱な状態に入ってしまったりする事もあり、思いもよらない行動を起こしてしまう事もあります。

 

また、そこまで極端な行動ではなくても、気持ちが沈んでいるので、周りに対して当たり散らしてみたり、不安でストレスを抱えて病気を患ったりする事も在りえるのでは無いでしょうか。

 

そのような状態を一旦リセットし、借金がないもしくは、借金問題を整理した状態から始める事ができるのに、債務整理という方法がとても優れていると個人的には感じています。

 

貧乏で債務整理できない時はどうすれば良いの??

債務整理が有効かもしれない・・・

というのはなんとなく分かって頂けたと思うのですが、多くの方が行動に移せない理由として

  • 債務整理を誰に相談したら良いか、どうすればよいか?分からない
  • 債務整理をする費用が出せない

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

まず、誰に相談したら良いか??については、比較的答えは容易で家族や職場の友人、同僚、上司に相談するのも良いのですが、弁護士や司法書士の中で、債務整理に強い事務所へ相談する事が一番です。

債務整理を代理で出来るのは、一般人では家族であっても不可能です、しかし代理人となり本人に代わって弁護士や司法書士は交渉や手続きをする事が出来ますので、とても頼りになります。

 

とは言え・・・

債務整理をするにしても費用がかかるのでは無いか・・と心配になる方も多いかと思いますが、ここで考えたいのが、

現状の生活からすると債務整理をする費用が出せないのは当たり前

という事に来づけるかどうかという事です。

 

つまり、借金返済をしたまま、債務整理の手続きをするとなると費用が上乗せになってきつくなるだけですが・・・

実際のところは、債務整理の手続が開始されると、

債務整理の間は、借金返済はストップ、督促行為もストップ

となりますので、借金返済をストップしている分を債務整理費用に回せば、特に問題なく債務整理の費用も捻出出来るのではないでしょうか??

 

そう考えると、今まで通り返済できるか分からない借金返済を続けていくよりも・・・

債務整理をする事で、借金問題を早期解決もしくはチャラにしてしまって、生活をやり直すほうが賢い選択なのでは??と個人的には感じますが、いかがでしょうか??

 

ぜひ、当サイトをきっかけにそのような認識に立って頂ければ、とてもうれしく思います。

 

 

 

 

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510