借金返済できないとどうなるの?

借金返済ができない場合はどうなるの?

借金をしていない人、借金をこれからするか検討している人からすると、想像もつかないかもしれませんが、借金を返済出来なければ・・

 

「萬田銀次郎さんみたいな、怖いお兄ちゃんが取り立てにくる」

という事は、闇金業者が相手でないかぎり、今の時代では在りえません(笑)

 

もし、執拗な取立て行為をしている事が金融庁に報告などであがった場合は、営業停止だったり、場合によっては貸金業者の登録自体を取り消すという処分を受ける可能性がありますので・・・・

 

現実的に考えても、正規の金融業者であっても、凶暴な行為に出る事はありません。

(取り立て行為については、→ 過剰な取り立て行為についてでも触れていますので、参考にして下さい)

 

また、最近の闇金業者でも「ソフトヤミ金」と呼ばれる業者もあるくらい、一見正規の金融業者並み、もしくはもっと甘い取り立てをしている、生かさず殺さず的な金融業者もあります。

 

これは、先に信頼関係を構築してしまい、正規の金融業者を返済しなくても、ヤミ金だけはきちんと返済させたり、警察などにリークしないように、一番信頼関係があるところであると認識させるところに怖さがあります。

 

話が逸れましたが、上記の通り最近では督促行為もあまり厳しいものではなくなってきているという事情がありますが、それでも借金返済ができないからと言ってそのまま放置していたり、黙っている事はしません。

では、金融業者は借金返済が出来ない場合に何をするのか?

 

といいますと、「支払い督促」で催促したり、それでも応じない場合は「訴訟」を起こし、強制執行のための債務名義を取るように手続きを進めます。

 

このような法的な対応を取り始めた業者は、債務名義を取る事で給料を強制的に執行したり、差し押さえしたりする事が出来るようになりますので・・

そのために必要な条件を整えるのです。

 

ちなみに、債務名義となり得るものとして、

  • 判決(仮執行宣言が付くと、判決確定前に執行も可)
  • 和解調書(裁判上で作成されたもの)
  • 調停調書
  • 仮執行宣言付き支払督促
  • 執行証書(公正証書など)

といったものがあります。

 

いずれにしても、債務名義となれば、「裁判所のお墨付きで強制執行を行って良い」となりますので、給料の手取り額の4/1を執行される事もありますが、債務名義は請求権、当事者、対象となる財産から責任の限度までが書かれていますので、その範囲で行われる事となります。

 

以上、借金返済ができない場合に考えられるデメリットです。

その他のデメリットとしては、信用情報に長期延滞や貸し倒れした旨の記載がされる(=異動情報として登録される)があります。

 

上記のデメリットは、債務整理をした時と同じようなデメリットになりますが、借金返済ができず放置した場合でも、債務整理をした場合でも同じようなデメリットを背負うのであれば、債務整理を経てすっきりした方が良いと個人的には思います。

 

債務整理をする事で、

  • 日々の督促や返済に対する不安を和らげる事が出来る。
  • 借金生活とは切り離し、借金の事を考えなくて良くなり、新しい生活が出来る。

事になります。

 

是非、借金で困っている場合は、前向きに検討頂ければと思います。

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510