お金持ちの特徴は?貧乏になる人との思考の差 その2

午前中に書きました、

お金持ちの特徴は?貧乏になる人との思考の差

について、その2を書き進めていきたいと思います。

 

6.年収1億円の人は「とにかく行動」に対し、年収300万円の人は「情報を知って行動しない」事が多い。

お金持ちの特徴は、一次情報で情報を得ると、まずは実践してみる、とにかく行動し検証してみるのですが、貧乏思考の方は「石橋を叩いても渡らない」方が多いです。

行動する人、行動しない人を表す例として、「1.01:0.99の法則」というものがありますが、まさにお金持ちの方の特徴は今よりも少しだけ、人よりもほんの少しだけ努力する姿勢です。

 

7.年収1億円の人は、「リスクに挑戦する」のに対し、年収300万円の人は「リスクがあると躊躇しやらない」事が多い。

お金持ちの特徴は、多少のリスクがある事を進んで行います、先行者利益ともいわれるように、なるべく先にやった人の方が多くの利益を得られるのですが、逆に言えばリスクも背負う事になります。

しかし、貧乏思考の場合はリスクが少しでもあると「これは詐欺だ」と決めつけてしまうところがあります。

また、リスクがあると聞くと、とたんに躊躇をし取り組みができない・・・もしかすると成功するかもしれないのに・・

おそらく、成功の免罪符がなければ行動に起こすことが難しいんでしょうね、このような方の場合・・・

 

8.年収1億円の人は、「成功するにはどうするか?を常に考える」のに対し、年収300万円の人は「諦めるための理由探しをする」事が多い。

お金持ちの方の特徴として、「失敗の事は考えない」、「成功する事以外の事は考えたことは無い」という人が多いのに対し、貧乏思考の場合は先に失敗の事を考えるため、成功のイメージが無いという事になります。

 

9.年収1億円の人は「即断即決である」のに対し、年収300万円の人は「決断力がない」事が多い。

お金持ちは、行動が早いと同時に即断即決で決める事が多いのに対し、貧乏思考の方は、決断力がないと言われています。よく「神様に後ろ髪はついていない」と言われますが、あとで振り返っても、残念ながら決断力が無ければ貧乏のままという事ですね。

 

10.年収1億の人は「未来を構築する人脈を大切にする」のに対し、年収300万円の人は「過去に大事にしてきた人脈を大切にする」

お金持ちの特徴は、自分の未来をより良くするために必要な人材を求め構築するのですが、逆に貧乏思考の人は、今の人脈や過去の人脈からヒントを得ようとします。

今の人脈だから現状である

という事に気づかず、今の状況から抜け出せないという事です。

 

いかがでしょうか、10個のお金持ちの特徴を貧乏思考と比較してみたのですが、どれくらいご自身でひっかかる項目はありましたか??

私もいくつか貧乏思考が見られましたので・・・

そのあたりは早急に見直ししていかなければならないのかな・・・と思っています。

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510