金利が高い 消費者金融でお金を借りるよりも銀行系カードローンの方がおすすめなの?

消費者金融や銀行系カードローンでは、無担保、無保証でお金を借りる事が出来ますが、1つ大きな弱点が有ります。

それが、「金利が高い」という事です。

金利が高いという事は、毎月の返済をしても元金返済が進まないという事になりますので、返済しても全然借金が減らないという印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、実際消費者金融で勤めていた頃の話ですが、毎月の返済を「利息のみ入金」をされる方がいたり、せっかく入金したにも関わらず新たに融資を行い元金が張り付く・・という方もいました。

 

これはキャッシングの特徴でもあるのですが、一応契約上では毎月の返済金額などは決まっていますが、返済金額を用意出来ないばあいは、毎月発生する利息のみの入金で期日を次月に設定する事ができるというものがあります。

また、リボルビングシステムと呼ばれる与信システムを消費者金融などのキャッシングサービスを提供する会社は採用しているので、「与信額の範囲無いであれば、繰り返し利用する事が出来る」事になっています。

 

この2つの特徴から、キャッシングを利用すると元金が減らないという事がおきたり、毎月利息のみを入金して終えるという事が起きたりします。

そのような返済を続けていくのが難しくなる気配がある上に、キャッシングの金利が高いという事になると・・・

毎月の返済を継続していく事ができず、最終的には借金返済のために借金を繰り返し、また借金が膨れ上がっていく・・・ということにもなりかねません。

 

そんな事になってしまうと、借金返済が進まないどころか、借金返済が出来ない。

という事になってしまい、最終的には借金を踏み倒してしまう事にもなりませんので、できれば借金をするのであれば、なるべく金利が安いところで利用するのが望ましいです。

 

ですが、金利が安いところ?

と考えた時に、よく耳にする銀行系カードローンはどうなの??となりますが、「金利が安いと言っても程度がしれている」ので、圧倒的に金利が低いという事でも無いです。

 

そう考えれば、消費者金融でも銀行系カードローンでも・・

どちらを利用しても一緒でしょう、と思われる方もいますが、そうは言ってもたとえ数%と言っても、金利の負担を減らしておくのは、あとあと考えていけばとても大事な事だと言えます。

 

実際に消費者金融で勤務していた時の話ですが、借金苦で苦しんでいる方が、借金相談をした際に行われる処置としては、

  • 今負担がある金利を減免(減額もしくは免除)する
  • 契約条件を見直し、金利負担を減らしたり、毎月の返済額を減らす

という方法を取るのが一般的です。

 

そのため、お金をかけずに金利負担を減らしたいという場合であれば、借金をしている消費者金融などに「契約条件の見直しを迫る」のが一番効果的な方法です。

是非、今借金で苦しんでいる、返済が進まない、もっと元金を減らしたいと思っている方は、参考にして頂ければと思います。

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510