母子家庭で借金苦、生活苦に陥らないように、様々なサポートがある事は知っておきたいですね

母子家庭、ひとり親、シングルマザー(ファザー)、家事、育児、仕事と大変な事もあり、生活や精神的なサポートは欠かせません。

周りでサポートしてもらえる環境があると、不都合も起きにくいと思うのですが、相談する相手もいないとなると、一人で問題を抱え込み、借金苦、生活苦を背負うという方も、消費者金融で勤務している時によく見かけたものです。

実際、母子家庭で生活費の用立ててで申込する方は多かったですし、借金返済ができなくなった時に、債務整理をしていくという人も多く見られました。

それだけ、周りでサポートする環境は整っていないのかな??という印象です。

今回は、借金苦、生活苦に陥らない、母子家庭でも借金をしても問題解決ができる事について、まとめていきたいと思います。

 

周りの相談者を作り、一人でないことを自覚しよう

母子家庭の方でも相談するところはたくさんあります、1つの例を挙げさせて頂きますと、厚生労働省の子育て支援の一環として、親と子供一人ひとりのために「すくすくサポート・プロジェクト」というものがあります。

このプロジェクトの一環として、

ひとり親家庭等の生活・学び・仕事・住まいを社会全体で総合的に支援する「こどもすくすくスクエア」というものがありますので、国のサポートを受ける際の相談先として検討できますし、借金をする前にその借金がなぜ必要なのか?どうすれば借金を背負わずに解決できるか?

を一度聞いてもらってはいかがでしょうか?

 

借金まみれの場合は、債務整理を検討

すでに借金があり、借金返済が大変・・・という借金苦が原因の場合は、上記のサポートを頼っても、なかなか解決できない可能性がありますので、そのような場合は借金問題の整理が得意な弁護士や司法書士事務所へ相談する事をオススメします。

弁護士や司法書士は、債務整理と呼ばれる自己破産、民事再生、特定調停、任意整理というそれぞれの手続の中から、一番あなたにあった手続方法を提案してくれますし、もし借金返済ができずに金融業者から取り立てされて日々不安を感じているというケースであれば、受任契約を結び債務整理の手続きに入る事で「督促の日々から開放」される事になります。

いずれにしても、債務整理をする事で借金に悩む日々から開放される事は間違いありませんので、まずは弁護士や司法書士が行う無料相談から始めてみて、お話しを聞いてから実際に検討してみはいかがでしょうか?

借金返済でお困りの方必見です!

杉山事務所
過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所
債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510